知らないと損する Facebookフレンド申請を気軽にする方法

2017年7月20日

Facebookをサービス開始当初の6-7年?前から使っている私も知らなかったのできっと知らない人は多いのではと思いシェアする事にしてみました。
逆に私のように使う期間が長い人ほど以前は無かった機能なので実装された事に気づかずに数年過ごしてたなんて事もあるかと思います。
実はFacebookにもQRコードがあったのです。
そんな事知ってるよという人はスルーして下さい。




誰か探す時に珍しい名前なら良いのですが同姓同名が多い人だと探すのにいつも苦労してたので、QRコードがあったらなーとずっと思ってたのですが、この機能は私が知らなかっただけで随分前からあったみたいですね。
このQRコード表示とQRコードスキャナーは、厳密にはFacebookメッセンジャーの機能に埋め込んでいる感じです。
Facebook QRコードの見た目はこんな感じ

QRコードに見えないので気づかない人もいるみたいです。
まずはFacebookメッセンジャーを立ち上げて、赤丸で囲った右上(iOSだと左上にあります)の自分の写真をタップ

最初が小さすぎて気づきませんでした

そうするとQRコードが現れます。

その中の赤丸で囲ったQRコードをタップすると

自分のQRコードが拡大して表示されるので左上のコードをスキャン(Scan Code)をタップすると

カメラが起動します。

あとは同じ手順で相手にも表示してもらってカメラで読み込めば自動で登録されます。
どうやって検索したら出てくるとか聞かなくて単にQRコード見せてと言えば良いだけですので気軽に友達申請できます。
今まで登録が面倒でFacebookメッセンジャーより他のアプリが多かったのですが、これでFacebookの活躍する場面が増えそうです。

QR コード ジェネレーターなるものがいつの間にか存在しているし今回検索して初めて知りました。
https://web.facebook.com/QRCode/?_rdc=1&_rdr
操作が少しづつ良くなって世界が広がっていくのを感じます。
世界が広がると言えばFacebookのQRコードを使うと今まで外国人は同姓同名が多すぎて探すのが大変でしたが、これで外国人と友達になるのも楽になりました。